書評 PR

書評「お金の超基本」

お金の超基本

学校でも会社でも教えてくれないお金のこと。超基本の全てのことが詰まった一冊です。
将来、日本を支える若い方にぜひ読んでもらいたい!

こんな方にオススメ

  • 高校生、大学生
  • 仕事を新しく始めたり、辞めてしまった
  • 貯金の余裕ができて、お金の増やしたい方を知りたい
  • 結婚や出産、家購入、老後などに掛かるお金を知りたい

 

本の概要紹介

発売日 2018年8月18日
ページ数 238 ページ
読了に必要な時間
著者プロフィール 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会認定CFP、1級ファイナンシャル・プランニング技能士。1988年より、女性誌、マネー誌にて、お金の記事を執筆。取材した人の数は1,000人以上。2008年より、情報サイト「オールアバウト」マネーガイドとして、預・貯金、銀行・郵便局などの取材記事を執筆。著者に小学校高学年から中学生向けの金融経済教育本『お金の教科書』全7巻(学研プラス)がある。
定価 本体1,200円 + 税

目次

チャプター1 お金とは?
チャプター2 稼ぐ
チャプター3 納める
チャプター4 貯める
チャプター5 使う
チャプター6 備える
チャプター7 増やす

印象的だったところ

全て

歳を取るにつれて、読むところが増える=大事です。

自分への学び

お金の知識が少ないことに恥ずかしくなる。親切にお金のことを教えてくれる人はいない。自分からこういったお金についての本を勉強しないと知識は増えないです。

さいごに

お金は生きていく上ですごく大事なものなのに、学校や会社では教えてくれない。絶対に高校生や大学生のときに学ぶべきことだと思います。

読了に必要な時間は、空欄にしました。その都度、日々の生活でお金に関係することが起こったときに、辞書のように使っていく本。

お手元にどうぞ。