書評 PR

書評「マーケット感覚を身につけよう」

マーケット感覚を身につけよう

こんな方にオススメ

  • ビジネスを始めたい
  • 世の中の市場を勉強したい
  • 論理的(ロジカルシンキング)に物事を考えたい

 

本の概要紹介

発売日 2015年2月20日
ページ数 263 ページ
読了に必要な時間 3時間40分
著者プロフィール 関西出身。バブル期に証券会社に就職。その後、米国での大学院留学、外資系企業勤務を経て2011年から文筆活動に専念。2005年開設の社会派ブログ「chikirinの日記」は、日本有数のアクセスと読者数を誇る。11万部のベストセラー『自分のアタマで考えよう』を始め、著者も多数。近著にブログの戦略的な運営方法をまとめた『「自分メディア」はこう作る』など。
定価 本体1,500円 + 税

目次

序 もうひとつの能力
1. 市場と価値のマーケット感覚
2. 市場化する社会
3. マーケット感覚で変わる世の中の見え方
4. すべては「価値」から始まる
5. マーケット感覚を鍛える5つの方法
終 変わらなければ替えられる

印象的だったところ

「英語ができれば有利という時代は終わっている」

数年前から思っていたが、これからの時代は、グローバル化が進み英語とパソコンができれば安泰だと思っていた。

しかし、ちきりんさんの考えは、英語は有利ではないと。答えは本書で。

市場をひとつひとつ論理的に考え、マーケット感覚をフルに活用して、リアルな現場をイメージしながら考えた結果が、有利ではない。

自分への学び

失敗と成功の関係を理解できた点。

「とりあえずやってみる → 失敗する → 市場からフィードバックを得る → それを参考にしてもう一度やってみる」

何度も繰り返すことが重要。

失敗するのが怖かったり、考えるだけで行動しない、ちゃんと調べてからやってみようとする習慣でした。

とりあえずやってみる。0を1にしたいと思います。

さいごに

本書には、就職、婚活、ジャパネットたかた、羽田空港の国際便など、身近なことに対してもマーケット感覚の説明がされている。

「不満買取センター」と「葉っぱビジネス」というビジネスがあるなんて、知りませんでした。世の中、考える力があれば、ビジネスは無限に出てくるに違いない。