レビュー PR

【レビュー】「関孫六」の包丁を12年使ってみた感想

一人暮らしをした時に購入した「関孫六」の三徳包丁とペティナイフ。

もう毎日スタメンの12年選手です。

ほぼ毎日の自炊で12年使ったレビューを記事を書きました。

 

【レビュー】「関孫六」の包丁を12年使ってみた感想

関孫六の商品を扱っているのは、岐阜県関市にある貝印株式会社です。

包丁のほかに、ハサミや爪切りなどの刃物を作られています。

1908年の創業で歴史も長く、国内生産なので品質は間違いないです。

メリット

スタイリッシュなデザイン

刀身から柄までをオールステンレスにした一体構造がスタイリッシュでオシャレです。

ステンレスなので、傷は付きやすいですが、それは味だと思っています。

ハンドル部分

多くの包丁は、ハンドル部分が木製です。

木製ハンドルは、手になじむ感じが好きですが、乾きにくくカビやすいと思ってやめました。

ふきんで拭けば、すぐに収納できるのがいいですね。

ただ、一体構造のハンドル部分は、冬めっちゃ冷たいです。笑

お手頃な価格

一体構造ステンレス包丁で有名なメーカーの「藤次郎(とうじろう)」、「GLOBAL(グローバル)」、「ヘンケルス」。

これらと比べれば、お手頃価格です。

デメリット

衝撃に弱い

ちょっとの衝撃で欠けてしまうことがあります。

落としたり、移動したときにぶつけないように気を付ければ問題なしです。

【レビュー】「関孫六」の包丁を12年使ってみた感想

最後までお読みいただきありがとうございました。

正直、12年使ってもまだまだ活躍する包丁なので、デザインなどは変わっていますが、オススメします!