パタゴニア

パタゴニアの雪なしタグのフリース

秋冬シーズンには、パタゴニアのフリースが毎年大人気のアイテムになっていますね。

公式サイトでは、もう完売しているサイズもちらほらと。

気になる方は、要チェックです!

今日は、パタゴニアのタグ雪なしについてブログを書いてみました。

 

パタゴニアの雪なしタグのフリース

古着屋さんで見かけたことがあるパタゴニアの雪なしタグのフリース。

ヴィンテージファッションを楽しむ方にも大人気の雪なしタグです。

タグの誕生

1973年に、荒れ模様の空、フィッツ・ロイ山をかたどったギザギザの稜線、青い海を組み合わせたロゴを作成しました。

雪なしタグの年代は

雪なしタグは、1992年~1994年のわずか2年の間しか製造されていないタグです。

また「Ⓡ」も省略され、「⦿」になっています。

フィッツ・ロイ山とは

アルゼンチン南部とチリとの国境をなすパタゴニア地方、アンデス山脈にある山。

標高は、3,405メートル。

1981年に世界遺産に登録されたロス・グラシアレス国立公園の一部となします。

南極大陸、グリーンランドに次ぐ世界第3位の規模を誇る氷河地帯でもあるので、

5~10月は雪に閉ざされている地域です。

パタゴニアの雪なしタグのフリースのまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

現モデルのフリースもいいですが、雪なしタグのフリースもお洒落になるので、

古着屋さんに行った際には、探してみてください!

 

パタゴニアをさらに知りたい方向けの本はこちら。

新版 社員をサーフィンに行かせよう パタゴニア経営のすべて [ イヴォン・シュイナード ]