買ったもの

【レビュー】オシャレな梅雨時の必需品!「バードウォッチング長靴」

関東地方も梅雨入りのようなお天気です。

梅雨入り宣言が難しいとニュースでやってましたが、宣言はしなくてもいいのかな~って勝手に思ってます。

今日は、梅雨といえば、レインブーツ。

私が2020年に新品購入した日本野鳥の会「バードウォッチング長靴」の使った感想を書いてみました。

この記事はこんな方にオススメしたい内容です!

  • オシャレなレインブーツを探している
  • 「バードウォッチング長靴」を買おうか悩んでいる
  • 雨の日のウォーキングやガーデニングで使える長靴が欲しい

【レビュー】オシャレな梅雨時の必需品!「バードウォッチング長靴」

基本情報

商品名:バードウォッチング長靴

メーカー:日本野鳥の会

販売価格:4,840円(税込み)

カラー展開:6色

サイズ:SS,S,M,L,LL,3L,4L (23.0~29.0cm)

日本野鳥の会のHPへ行く

購入したきっかけ

雨の日に街を歩いているときに、女性がこのレインブーツを履いていたためです。

ロゴになっているアルファベットの「B」がインパクト大でした!

すぐにネットで調べたのを覚えています。

買ってよかったところ

  • 長靴なのにオシャレにみえる
  • 柔らかいゴム素材のため、歩きやすい
  • 折り畳めるので、コンパクトに収納できる

長靴って、昔からダサい印象がありますよね。

買おうか悩んだライバル「HUNTER」のレインブーツもオシャレです!

 

「バードウォッチング長靴」。名前の通り森や山でバードウォッチングするための長靴。

都内の平坦な道では、ノーストレス間違いないです。

収納面もしっかり考えていて、長靴やブーツは下駄箱では縦に場所を確保しないといけないので困ります。

小さく折り畳めるのは嬉しいですね!また、旅行にも携帯できます。

残念だったとこと

  • ゴム素材が触ると少しべたつく
  • 長時間履いていると、蒸れしてしまう

買ったときは、大丈夫でしたが、半年経過したあたりからゴム素材の部分に少しべたつく感じがあります。

見た目の変化はないです。

蒸れてしまうこと。水を通さないことが一番大事なポイントなので、蒸れるのはどの長靴も同じだと思います。

長靴の中の湿度は、90%にもなると言われています。

でも、このバードウォッチング長靴は対処ができるのは嬉しい!

柔らかい素材のため、足首上あたりまで下げることができる。

イヤな蒸れが軽減されるポイントは、他の長靴にはないところです。

【レビュー】オシャレな梅雨時の必需品!「バードウォッチング長靴」のまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

日本野鳥の会の「バードウォッチング長靴」のレビューはどうでしたか。

長靴は、雨の日だけに使うのはコスパが悪いです。

考えてみると普段の生活の中で、活躍できるシーンは多くあります。

例えば、キャンプ、釣り、潮干狩り、畑仕事など。

結構活躍できるシーンはありますよね!

レインブーツの購入に悩んでいたら、「バードウォッチング長靴」をおススメします!!